オー・ミステーク事件(日大ギャング事件)


−経緯−

昭和25年9月22日、日本大学の運転手3人が職員の給料191万円を銀行から引き出して大学に戻る途中、同じ日大の同僚運転手・山際啓之(やまぎわひろゆき/当時19歳)に呼び止められた。現金輸送の運転手は同僚の山際であったため軽い気持ちで車を停車させ山際を同乗させた。

車に乗り込んだ山際は、隠し持っていたナイフで運転手を脅し東京駅近くの大手町労働省前で停車させた。更に山際は、運転手の首にナイフで切りつけ重傷を負わせた。3人を車から放り出した山際は、191万円入りのボストンバックと車を強奪し逃走した。

被害届けを受けた丸の内署は直ちに現場に急行した。その結果、強奪された車は大手町の富士銀行前に乗り捨てられているのを発見したが、山際の足取りはつかめなかった。

−オー・ミステーク−
山際は、前年の24年2月に日大の臨時雇いとして採用され運転の業務をしていた。その後、同大学文学部のF教授の娘Sと知り合い、二人は金を強奪して逃避することを計画した。給料を輸送するルートは運転業務上、山際は十分把握していた。よって、9月22日に犯行に至った。

山際はSと夫婦を装い東京・品川区で日系二世と称して部屋を借り同棲を始めた。が、大家がボストンバックに多額の金が入っているのを目撃。事件から2日後の9月22日、不審に思った大家は警察に連絡。急行した警察が二人を逮捕した。

山際は、強奪した金でダブルベットを購入。二人で寝そべっていたところを警察が踏み込んだ際、山際はSに向かって大きく両手を広げて「オー・ミステーク」と連発した。

山際は取り調べ中も、要所に英文単語を入れて供述するなどアメリカ被れが異常に強かった。山際は懲役7年以下の不定期刑、Sは懲役2年・執行猶予3年の判決が下された。

画像
逮捕直後の山際(テンガロンハットで足を組むポーズ)


ホーム

inserted by FC2 system