伊勢湾台風


−経緯−

昭和34年9月26日、大型で広域の台風15号(以下、伊勢湾台風)が中部地方を縦断、一旦、日本海に抜け、秋田県に再上陸して青森県の東部に抜けた。この伊勢湾台風は、昭和9年の室戸台風、昭和20年の枕崎台風に次ぐ、観測史上で三番目の大型台風であった。

伊勢湾台風は、四国・近畿・中部・東海・関東及び東北地方の広範囲に被害をもたらした。なかでも、愛知県と岐阜県は台風の上陸時間と伊勢湾の高潮が重なって大被害を出した。特に木曽川・長良川が決壊。このため名古屋市南部地区は、一ヶ月以上も浸水が引かず、全滅する地区もでた。
この伊勢湾台風は、全国規模で大災害をもたらし死者・行方不明者5000人、負傷者3万9000人と明治以来最大の被害となった。

画像
大災害をもたらした伊勢湾台風(家が倒壊し浸水した地区)


ホーム

inserted by FC2 system