南海丸沈没事故


−経緯−
昭和33年1月26日午後6時28分頃、南海汽船の定期旅客船「南海丸(498トン)」が、緊急事態信号を発したあと大荒れの淡路島・南東沖で消息を断った。このため、警察・海上保安庁が捜索を開始したが、海南丸は既に沈没しており現場付近で遭難者を発見できなかった。

懸命の捜索によって沈没から2日後の28日海底で沈没している南海丸を発見し、乗客139人、乗組員28人の計167人全員が死亡していることを確認した。

沈没事故当時の天候は全国的にも大荒れで、福島県・小浜、静岡県・伊東、下田でも船の遭難が相次いだ。そんななか海南丸は午後5時30分、徳島県小松島港から和歌山港に向けて出航した。1時間後、海南丸から無線で小松島営業所に「海南丸危険」という連絡後消息を断った。当時の海上付近では強風注意報が発令されており平均20メートル、波の高さ平均5メートルであった。

昭和35年3月8日神戸地方海難審判庁で、過失か異常な波風によって遭難したのか明らかにすることができないと判断した。

画像
沈没した南海丸


ホーム

inserted by FC2 system