荒木虎美・別府保険殺人事件


−経緯−
昭和49年11月17日午後10時頃、大分県別府市の第三埠頭から小型乗用車が海中に転落した。
目撃した釣り人、数人が海面を泳いでいる荒木虎美(当時47歳)を救助するとともに警察に届けた。岸壁に引き上げられた荒木は、釣り人に《車の中に、妻子3人が同乗》していたことを告げる。

午後11時40分、海底に沈んだ車を引き上げたところ、荒木の妻(当時40歳)、妻の連れ子の長女(当時12歳)、同じく次女(当時10歳)の3人が溺死体で発見された。荒木は、収容された病院で「家族にせがまれて関門大橋の見物に行った帰り、別府湾の夜景を見ようと妻が運転し第三埠頭へ向かった。その時は、妻が運転し自分は助手席でウトウトしていたため、突然岸壁から海に飛び込んだのは分からなかった」と供述した。

この事故後、地元では「保険金目当ての殺人」ではないかとの噂が広がった。警察も事故、事件の両面で捜査したところ荒木に対して様々な疑惑が浮上してきた。

−疑惑−
荒木は昭和25年、最初の妻を大分県に残して別府市で「肉屋」を始めた。その後、商売がうまくいかず、店に保険を掛けて放火。保険金20万円を騙し取った。が、火災発生が不自然であったため警察が捜査し逮捕された。公判で懲役8年の実刑判決だった(最初の妻とは離婚)。

その後、脅迫や傷害、不動産トラブルなどで宮崎刑務所に再度服役。昭和47年11月に出所した荒木は、結婚相談所に《子供が好きなので、母子家庭の母親と結婚したい》と希望して女性の紹介を依頼した。そこで、紹介されたのが海中転落死した妻で、中学生の長男と長女、次女の子供3人を女手一つで養っていた。昭和49年8月1日、荒木はこの妻と婚姻届を提出した。実は、荒木は山口姓であったが、この婚姻届によって《荒木》姓となった。

荒木は、妻の連れ子との折り合いは悪く、子供達は懐かなかった。が、婚姻と同時に荒木は妻、子供たちに3億1千万円の保険を掛ける。この保険金の月々の掛け金は10数万円になり当時の物価からみても異常だった。
事故発生直後から、「保険金目当ての殺人」疑惑の噂が広がり報道関係者が荒木を24時間追いかけ回した。荒木も、マスメディアを利用し「自らの潔白、無実」を訴えた。

12月11日、渦中の荒木はフジテレビ「3時のあなた」に生出演した。ここでも、自分の身の潔白を雄弁に語った(荒木の話術は実に巧みだった)。が、番組スタッフから疑惑を込めた質問をされると荒木は逆上し「本人の言う事と他人の言う事、どっちを信じるのか?愚問は止めろ・・・当の本人を呼んでおいて失礼だ」といってスタジオを後にした。荒木は、フジテレビの裏門を出たところを東京警視庁に「殺人容疑、保険金詐欺、恐喝の容疑」で逮捕された。

−公判−
昭和50年1月2日、検察は荒木を罪状否認のまま「殺人罪」で起訴した。検察は、海中から引き上げた乗用車の調査をした結果、シャッシーに付いている水抜き孔のゴム栓が全て取り外されていたこと、九州大学の鑑定で妻の膝に付いた傷と助手席ダッシュボードの傷跡が一致。このため、運転していたのは妻ではなく荒木だったと確信できたことが決め手だった。しかし、これらは全て状況証拠だけであった。

この公判で、《荒木が第三埠頭の手前で運転していたところを目撃した》との証言者も現れた。昭和55年3月、大分地裁は荒木に対して「死刑判決」を下した。昭和59年9月、福岡高裁で控訴棄却。荒木は上告したが平成1年1月13日、癌性腹膜炎で東京・八王子の医療刑務所で死亡した(享年61歳)。最高裁は《被告人死亡のため公訴棄却》処分とした。

画像
現場で実験する捜査本部


ホーム

inserted by FC2 system