布川事件


−経緯−
昭和42年8月30日の朝、茨城県・利根町布川で独り暮らしの大工、玉村象天さん(たまむらしょうてん、当時62歳)が、自宅8畳間で殺害されているのを近所の人が発見した。

発見者の通報で警察が駆けつけて死体検視と現場検証を行った。この結果、玉村さんの死亡推定時間は8月28日の午後7時から11時頃で、絞殺による窒息死だった。遺体は、両足をタオルとワイシャツで縛られ首にはパンツが巻きつけられ口にもパンツが押し込まれるという無残な状態だった。

現場の状況は玄関と窓は施錠されていたが、勝手口はわずかに開いていた。室内は机・ロッカーや衣類などが散乱し物色した形跡が認められた。指紋は43点が発見された。が、玉村さんは独り暮らしで普段近所とはあまり付き合いが無かったことから、何が盗まれたのか明確にできなかった。ただ、日頃愛用していた(白い財布)が見当たらなかった。

警察は犯行当日の玉村さんの足取りを調査した。その結果、午後6時30分頃、近所の吉岡方で大工仕事を終えた玉村さんは帰宅途中、米元方で工事代金の集金をしている。その時間が、午後7時から7時30分頃で、その後目撃した人はいなかった。

一方、午後7時30分から8時30分頃、2人の男が玉村方付近にいたとの目撃情報があった。この情報がきっかけで、警察は「2人連れの男」が犯人と推定し捜査が進められた。

警察は利根町及び周辺地域に前科者・素行不良者・或いは玉村さんに借金をしていた者(玉村さんは金貸しもしていた)180人前後を調べた結果、10月10日桜井昌司(当時20歳)、同月16日に杉山卓男(当時21歳)を別件逮捕した。

逮捕された桜井、杉山は警察の厳しい取調べを受け、連日長時間の尋問を受ける。桜井は取調べ官から『お前と杉山を現場で見た人がいる』『アリバイは裏付け調査で違うぞ』など言われて「犯行の自供」を強要された。

杉山も『桜井が、お前とやったと言っている』、『犯行当日のアリバイで兄のアパートに泊まったと言っているが、お前の兄貴は泊まっていないと言ってるぞ』などと゛犯行の自供゛を強要された。2人は連日の長時間にわたる取調べで精神的・肉体的に限界となり自暴自棄もあって゛犯行を自供した゛。

公判で桜井、杉山は「自供は強要されたもので、犯行はしていない」と全面否認したが、昭和45年10月16日第一審・水戸地裁で「無期懲役」、昭和48年12月20日東京高裁で控訴棄却、昭和53年7月3日最高裁で上告棄却。無期懲役が決定した。平成8年11月に仮釈放されるまで29年間監獄生活を余儀なくされた。無実を訴える桜井、杉山と両氏を支援している「布川事件守る会」では、平成13年に第2次再審請求を水戸地裁に申立てしている。

−疑問点−
布川事件は物的証拠が殆ど無く、容疑者の自供が決め手とされた。が、桜井、杉山は「自供は強要されたもので、犯行はしていない」と一貫して犯行を否認している。確かに、警察、司法の判断は中立にみて納得できない、あるいは理解できないことが多々ある。

1.検察側は金目的の犯行としておきながら、何が盗まれたのか明確にしていない。被害者の白い財布の件も供述調書では一転、二転し明確になっていない。

2.43点の指紋がでたのに桜井、杉山の指紋は一切でなかった。検察は「犯行は金目当て」と断言しているのに荒らされた金庫、机から両容疑者の指紋検出はでなかったのである(検察側は、指紋は拭き取ったとしている。が、肝心の金庫、机から両容疑者以外の指紋が検出されていることは不思議という他ない)。

3.犯行時の被害者宅へ侵入した方法が物理的に不合理。供述調書では「勝手口の左側ガラス戸を右に開けると、奥の8畳間から顔を出した玉村さんの顔が見えた」となっている。が、玉村方の勝手口は左ガラス戸の内側に大きな食器棚があってガラス戸を右に開けても40センチしか開かない(犯行に及ぶものが侵入時、障害物がある左側のガラス戸をわざわざ開けるだろうか?一般常識的に右側のガラス戸を開けるはずである)。

これらの、矛盾や疑問点が多々あり、客観的な状況判断として桜井、杉山が犯人とするには「かなり無理がある」。改めて、再審請求で真実が明らかになるよう祈るばかりだ。

−追記−
平成16年6月6日、TBSの報道番組で「二人が無実ではないかとする新事実」を放映した。それによると、犯行現場に遺留品として確認された8本の毛髪だった。この毛髪の鑑定結果の提出を弁護団は強く要求していたが、検察側は鑑定した事実は無い、或いは鑑定書は破棄したなどと証言していたが、昨年、30年の時を経て突如「鑑定書」が検察側から弁護団に提出された。

この鑑定結果は『この毛髪は桜井、杉山両氏の物では無い。さらに3本は被害者の玉村さんの物と思われるが残りの5本は加害者、被害者の物では無い』という結論であった。検察側はこの鑑定書は裁判に不利とみて門外不出にしていた事実が明るみになった。

−再審−
平成17年9月水戸地裁土浦支部は、2人の第2次再審請求を認める判決。これに対して検察側は即時抗告。平成20年7月14日東京高裁は、「目撃証言と自白の信用性に重大な疑問がある」と判断し検察側の抗告を棄却した。これにより、有罪確定から30年を経て再審が開かれる可能性が高まった。無期懲役確定事件の再審開始決定は過去3件あるのみだという。

-無罪決定-
平成23年5月24日水戸地裁土浦支部で桜井、杉山に無罪を言い渡した。2人は無実を勝ち取るのに44年間という膨大な時間を費やしてしまった。

画像 画像
勝手口はわずかに開いていた(矢印)
(出所:「布川事件守る会」
物色された机(二人の指紋は出なかった)


inserted by FC2 system