県立神戸高塚高校、門柱圧死事件


−経緯−
平成2年7月6日午前8時30分頃、県立神戸高塚高校で、遅刻しそうになった同校1年生の石田僚子さん(当時15歳)が、学校の鉄門扉(高さ1.2m、長さ5m、重さ230kg)に挟まれ、救急車で病院に運ばれたが午前10時24分死亡した。

同校では、日頃から遅刻する生徒が多く、このため校門前で教諭が校門指導をしていた。この日も3人の教諭が校門前に立ち、遅れてくる生徒に拡声器で「10、9、8、7・・・」とカウントしていく。このため登校中の生徒30人が校門に殺到した(校則で遅刻すると、グランドを2周走らされるため、生徒達は必至で校門に殺到した)。そこへ、S教諭(当時39歳)が、門に生徒が多数居るのに、230kgの鉄門扉を一気に閉めた。この時、ちょうど石田さんが門扉を通りかかったため、恐怖で抱え込む姿勢のまま圧死した。この時、耳・口から血が止めどもなく流れたという。

−S教諭のその後−
平成5年2月10日、神戸地裁は「校門指導は危険が伴う業務」と断じて、S教諭はその注意を怠ったとして禁錮1年執行猶予3年の判決を下した。人命よりも校則を優先した結果、これから楽しい人生を謳歌するばずだった若い命を奪ってしまった。教育現場の歪みが露呈した事件であった。

死亡した現場(鉄製の門扉)


ホーム

inserted by FC2 system