中華・八宝亭一家殺人事件


−経緯−

昭和26年2月22日深夜、東京・中央区築地の中華料理店「八宝亭」の店主(当時48歳)一家4人(妻45歳、長男11歳、長女10歳)が、同店の住込み従業員の山口常雄(当時25歳)によって、薪で頭や顔を割られて全員が死亡した。
山口は、朝9時過ぎに第一発見者を装って、近くの築地署に届け出た。

警察が、現場検証したところ現金3万円余りと預金通帳が盗まれていることが判明。また、司法解剖の結果、犯行は22日の午前4時頃と推定された。警察は、山口に対して事情聴取した。

山口は、「凶行前日の21日に、太田成子と名乗る25歳前後のパーマをかけた小太りの女性が、従業員募集の貼り紙を見たといって店に訪ねてきた。即日採用された太田は、1階の3畳間に住込むことになった。当日の夜遅く彼女を訪ねて来た男が、部屋に上がりこんで話をしていた。翌日の22日の朝、彼女と男は居なかった」と供述した。
近所でも、八宝亭に入っていく小太りの女性を見ていることから、警察や報道関係者は一斉に、この女性の行方を追跡した。

だが、警察は、二階に住込みしている山口が何故、凶行に気づかなかったのか?疑いの目を向けていた。山口は自分が警察から疑われていることを知ると、「世話になった主人一家を惨殺した犯人を早く捕まえるために、捜査に協力しているのに、疑われているとは、死んでしまったほうがましだ」と嗚咽したという。これには、ベテラン刑事もすっかり騙されて「山口はシロだ」と断言した。新聞報道も、主人の無念を晴らそうと捜査に協力している山口を好意的に受け止め、美談として記事にしていた。

−謎の女−
山口の協力で作成した太田のモンタージュ写真の成果で、3月10日に太田成子こと「西野夏子(当時24歳)」が逮捕された。西野は、山口から預金通帳の現金引出しを頼まれたが、怖くなって故郷の静岡県に帰っていたと自供した。西野は新宿のホテルで勤務していた時、山口から店主を殺害して金を強奪する計画を持ちかけられた。そこで、西野が求人募集に応募してきたフリをして山口と共謀して犯行に至った。山口は西野を太田姓にデッチ上げて真犯人に仕立てたのだった。

同日の夕方、山口は警察に対して「あっさりと犯行を認めた」。が、その翌日、留置場内で持参していた青酸化合物で服毒自殺した。

画像 画像
犯行現場の中華料理店「八宝亭」 犯人の山口常雄


ホーム

inserted by FC2 system