松山事件


−経緯−

昭和30年10月18日午前3時30分頃、宮城県松山町の農業・小原忠兵衛(当時54歳)の自宅から出火。焼け跡から、小原、妻のよし子(当時42歳)、四女の淑子ちゃん(当時10歳)、長男の優一ちゃん(当時6歳)の4人が焼死体で発見された。警察と消防が現場検証を行い4体の死体を解剖した結果、夫・妻・四女の頭部に刀器によると思われる傷が認められた。このため、警察は殺人・放火事件として捜査本部を設置する。
その後、1ヶ月間の捜査は手掛かりがまったくつかめず、捜査本部を解散し少人数で捜査を継続する。

そこで、犯行当日を境に地元から出て行った人達の調査を実施したところ、東京に働きに出ていた斉藤幸夫(当時24歳)が捜査線上に浮かび上がる。

斉藤は東京都・板橋にある肉屋に勤めていたが、12月2日、警察は別件容疑(喧嘩による傷害容疑)で逮捕し身柄を拘束する。
斉藤は12月8日、厳しい取調べで一旦は「自白」するが翌日には「撤回」するということを繰り返す。
警察は犯行を否認している斉藤に対して12月30日、強盗殺人及び放火罪で起訴した。

昭和32年10月一審の仙台地裁は「死刑」、昭和34年5月二審の仙台高裁は「死刑」、昭和35年11月最高裁は上告を棄却し「死刑」が確定した。

−証拠の捏造−
斉藤を何が何でも犯人として公判に持ち込む。このためなら手段も選ばずという手法は、昭和20年代の「免田事件」、「財田川事件」、「島田事件」に繋がる(何れも冤罪)。

斉藤が入れられている留置場に、警察から手回しされた前科5犯の男から「警察ではやっていなくても認めて、裁判で本当のことを言えばよい」と言われ、日々の厳しい取調べに限界がきていた斉藤は「自白」をしてしまった。

また、「例によって古畑東大教授」の血痕鑑定でも、警察の捏造があったと示唆されている。
警察によると、斉藤は犯行後返り血を浴びたまま自宅に戻り布団で寝たが、その際に布団の襟あてに80数箇所の血痕が付着していたと指摘。これを古畑東大教授に鑑定依頼し、鑑定結果は「血痕は被害者のもの」とした。

が、警察が押収した布団の写真では血痕は1個程度しかなかった。これも、押収後に被害者の血痕を付着させたのではないかと疑われた。
これら警察による一連の疑惑もあって、昭和54年12月6日、仙台地裁は再審を開始し、昭和59年7月11日仙台地裁は斉藤に「無罪」判決を言い渡した。無罪に28年7ヶ月間を費やした。

画像
無罪判決で喜ぶ斎藤さんと母親

(古畑種基東京大学教授)
それにしても、戦後昭和の4大事件(免田事件、財田川事件、島田事件、松山事件)が冤罪。また、弘前事件でもミスジャジを行ったことになる(結果として)。我々は一般に東大教授という権威で「完全に信じてしまう」作用が働く。警察もこの作用を利用していたフシがある。同教授も警察・権力に迎合していたとみる人達も多い。自身の感情や潜在意識を完全に無視し、あくまでも科学的に「鑑定」するということができたのだろうか?
少なくとも、大事な人生を30年も台無しにした人達がいたことは忘れてはならないだろう。

古畑教授は遺伝学の権威として、昭和31年文化勲章を叙勲され昭和50年に亡くなった(享年83歳)。無実の免田さん、赤堀さん、斉藤さんらの冤罪を知らずに・・・


ホーム

inserted by FC2 system