徳島ラジオ商殺人事件


−経緯−
昭和28年11月5日午前5時10分頃、徳島市内の電気商に何者かが侵入し、経営者の三枝亀三郎(当時50歳)を刺し殺した。三枝は出血多量で即死状態であった。犯行現場には、内妻の富士茂子(当時43歳)と三女(当時9歳)が共に就寝しており、この二人は「男が侵入」して三枝を刺したことを証言した。

徳島県警は捜査本部を設置し捜査を開始した。現場検証では、三枝が隣に新たに3階建ての店舗兼自宅として建築中の現場から血痕が発見され、凶器とみられる匕首(あいくち)が落ちていた。また付近の人が建築現場から逃走していく男を見たという目撃証人がいることや電気線・電話線が切断されていることから見て犯人は外部から侵入し殺害したものと断定した。

そして翌年の昭和29年6月頃、徳島市内の暴力団員が有力な容疑者として浮上する。そこで、徳島署は高松高検に起訴留置請求の申請をしたところ、証拠不十分として却下された。事件から1年近くになっても犯人検挙ができない警察に対して、マスコミが批判的な報道を繰り返すようになる。

この頃から捜査の主導権は徳島地検が取るようになった。当時、三枝の電気店に住み込みで働いていたA少年(当時17歳)とB少年(当時16歳)を度々地検に出頭させて事情聴取するようになった。そして、彼らに誘導尋問を繰り返していく中で、外部犯行説から内部犯行説に切り替わっていった。即ち内妻の富士茂子を犯人として事件解決を仕掛けるのである。

−地検の罠−
徳島地検は店員のA少年(当時17歳)とB少年(当時16歳)を逮捕した。A少年は45日間、B少年は27日間身柄を拘束し虚偽の供述をさせる。年端のいかない少年に検事らが寄ってたかって「お前が茂子に言われて電話線を切ったんだろう」などと執拗に取り調べた。当初、身に覚えのないことだと否認していた少年を自白(虚偽)させるには簡単であったろう。そのうち、自白すれば家に返してやるなどとアメとムチで以下の虚偽自白を引き出した。

《富士茂子が寝ている三枝の腹部を突き刺して殺したということを前提として》
(A少年に対する虚偽の供述を要請した内容)
1.Aは富士茂子と三枝が格闘しているのを見た。
2.富士茂子から頼まれて電話線、電灯線を切ってくれと頼まれたこと。
3.富士茂子から刺身包丁を川に棄てて来てくれと言われたこと。

(B少年に対する虚偽の供述を要請した内容)
1.富士茂子から匕首を篠原組から借りてきてと言われた。

以上の嘘供述を証拠として、昭和29年8月13日、富士茂子は殺人罪で逮捕される。厳しい取り調べで、一旦は「犯行を自供」するが、公判は一貫して無実を主張した。しかし、主張は認められず、昭和31年4月18日第一審で徳島地裁は、懲役13年の判決を下す。

昭和32年12月21日第二審の高松高裁で富士茂子の控訴棄却。昭和33年5月10日、富士茂子は上告を取り下げる。理由は裁判費用の問題と獄中での無罪主張は無理と考え、服役後に無罪活動を行うというものであった。よって、昭和41年11月30日に仮出所を果たすと「冤罪活動」を開始した。

富士茂子が上告を取り下げた昭和33年に、AとBは「検察側に嘘の供述を強要された」と告白する。ところが、この2人に対して地検は「茂子の身内から脅迫された虚偽の告白であると」発表。彼らに異常な圧力をかけ続けた。

この頃になると、地検の不合理な行動に疑問を持った人々が「富士茂子を擁護する」団体を結成。社会党の市川房枝や作家の瀬戸内寂聴ら知識人の活動も活発になっていく。

茂子や弁護士団体、市民団体は4度の再審請求を行うがいずれも却下。第5次再審請求中の昭和54年11月15日に茂子は「無罪判決」を信じて無念の病死(享年69歳)。再審は姉妹弟に引き継がれて第6次再審請求を行う。その結果、昭和55年3月12日徳島地裁は再審を決定。この中で、犯行は外部侵入者が明らかであり、当時少年だったAとBの虚偽自白の告白は認められるとして、検察と一審、二審及び第1から第4次再審の裁判官らに痛烈な批判をした。

昭和60年7月9日に徳島地裁で「無罪判決」が出た。茂子が無実であり潔白の身であると認められるのに32年かかった。32年後の真実であったが、当の茂子は6年前に無念の死を遂げていた。


ホーム

inserted by FC2 system