財田川事件


−経緯−

昭和25年2月28日、香川県財田村(現、財田町)の闇米ブローカ・杉山重雄(当時63歳)が寝巻き姿のまま惨殺された。発見者は買出しに来た高知の女性だった。が、この女性は事件に巻き込まれるのを恐れて、逃げ出す。財田駅前で、食堂を経営している杉山の妻(別居中)にこのことを告げ、一目散に地元へ帰っている。捜査記録では、午後7時頃同じく買出しの男が第一発見者となっている。当時は食糧難で米ブローカの杉山には様々な人達が尋ねて来たのであろう。

(事件から28年後、ジャーナリスト・サクマ・テツ氏は、この女性を発見、インタビューをしている。それによると、買出しで杉山宅を教えてもらい尋ねた。だが応答が無いため上がりこむと、杉山が新聞紙をのせて寝ているので、取ってみると血だらけで死んでいた。口から「さす」が2寸(約6センチ)ほど出ていた。怖くなって一目散に逃げ帰ったと告白している。注:「さす」とは米鑑定に使う道具で、米俵などに突き刺して数粒の米を取り出すもの)。

早速、警察が現場検証を行う。杉山は、頭・喉・胸など全身に30箇所の刺創・切創を受けていた。上半身には5枚の衣類を着用していたが、下半身はメリヤス製パンツのみ。また、自分の枕以外に二つ折りにした座布団があった。杉山は家族と別居生活をしており、状況から「情交のもつれ」、「怨恨」の線が考えられた。が、捜査はまったく進展しなかった。

同年4月1日、財田村の隣の神田村(現、山本町)で、強盗傷害事件が発生する。この事件で逮捕されたのが、谷口繁義(当時19歳)と仲間の二人であった。当時、谷口と仲間は地元では有名な不良青年で、警察は本件とは別に杉山殺人の容疑で取り調べる。杉山殺人事件時のアリバイが焦点となったが、谷口の仲間は当日のアリバイが明確になり白となる。が、谷口のアリバイは明確にできず警察は谷口犯人説へ一気に傾いた。

取り調べは2年前の免田事件同様、過酷を極めた。谷口に対して殴る・蹴る・脅迫と2ヶ月間も続く。結局、谷口は心身的に限界がきて、ついに「自白」をするのである。8月22日、谷口は強盗殺人罪で起訴された。

−捏造された証拠物件−
公判中、谷口は「自白は強要されたもの」として容疑を完全に否定、無罪を訴えた。だが、昭和27年1月25日、高松地裁は「古畑東大教授」の血液鑑定その他の状況から谷口に死刑判決を下した。昭和31年6月6日の二審で死刑判決。昭和32年1月22日の最高裁で死刑が確定した。

昭和44年、高松地裁の判事に就任した矢野伊吉は偶然、谷口の無罪を訴える手紙を発見した。谷口の純粋な気持ちを読み取った矢野は、谷口を救済すべく判事を辞任。以降、谷口の弁護士として再審請求活動を行う。

矢野弁護士の活動で、当時の警察が谷口に対して様々な捏造工作をしていたことを暴いていく。まず、自白そのものは「拷問による強制自白」であること。そして、犯行当時、谷口が着用していたとするズボンに付着した血痕は、谷口を犯人とするため警察・検察側が被害者の血痕を後で付着させたのではないかという疑惑。また、谷口が獄中で書いた手記が、裁判で証拠にされた手記とはまったく違うものだった。谷口は小学校しか出ていなく、漢字は書けない。が、裁判に提出された手記は、漢字を多用し事実関係がよくできていた。これらも、後日警察によって捏造した可能性が極めて高い。

これら一連の活動で昭和59年3月12日、高松地裁は谷口に対して再審無罪判決を下した。無罪獲得まで、33年11ヶ月を要した。

画像
無罪判決で挨拶する谷口さん


ホーム

inserted by FC2 system