制服警官・女子大生殺人事件


−経緯−

昭和53年1月10日午後4時30分過ぎ、東京都世田谷区経堂のアパート・東荘の家主から「アパートの住人である女性が死んでる」と警察に110番通報があった。直ちに捜査班は現場に急行、現場検証を開始する。

被害者は、清泉女子大学4年生のY子さん(当時22歳)で、首にはストッキングが巻きついており絞殺されていた。東荘は木造2階建で、Y子さんの部屋は4号室(4畳半)一間、ドアに鍵は掛かっていなかった。また、窓ガラスは割れていて室内は荒らされていた。この状況から、Y子さんは、犯人を部屋に入れてから暴行、絞殺されたと推定。捜査班は更に家主から詳細を聞き出した。

家主の証言は、4時半過ぎに外出しようとした際、4号室の窓が割れていて中を覗くと警察官が立っていた。この警察官は「女性が殺されている。警察に通報してください」と依頼。このため、前述の通り家主は110番通報したのだった。

この警察官は北沢署経堂駅前派出所の松山純弘(当時20歳)で、家主が110番通報している間に交番に戻り通常の勤務をしていた。捜査班は、松山の不可解な行動を問いただした。当初は第一発見者を装っていたが、頬にあった引っかき傷を指摘されて犯行を自供した。

−現職警官の不祥事−
松山は、日頃からY子さんに好意を持っていた。犯行当日、Y子さんのアパート周辺をパトロール中、Y子さんのドアをノックした。警戒心が強い一人暮らしの女性であっても、さすがに制服警官であればドアを開けない訳が無く、松山は簡単にY子さんの部屋に上がりこむことができた。そこで、暴れるY子さんに乱暴した後、絞殺した。また、その後の取調べでパトロール中に不在の部屋を見つけては侵入し現金などを盗んでいたことも判明した。現職警察の、しかも勤務中、制服での犯行に世間は愕然とした。

警察は、松山を即日懲戒免職とし、北沢署長が引責辞任、土田警視総監が2月25日に辞任した。昭和57年11月、東京高裁は無期懲役の判決を言い渡し刑が確定した。


ホーム

inserted by FC2 system