文京区幼女・殺害事件


−経緯−

平成11年11月22日午前11時30分、東京都・文京区の主婦、山田みつ子(当時35歳)は、自宅マンションから600メートルほど離れた音羽幼稚園に長男を迎えるため、2歳になる長女を自転車に乗せてやってきた。園庭では、迎えの母親が多数いて子供達が教室から出てくるのを待っていた。

若山春奈ちゃん(当時2歳)の母親も長男を出迎える為、二人で音羽幼稚園に着く。11時38分頃、教室から出てきた園児は、そのままブランコに乗ったり、鬼ごっこで遊びまわる。母親達も仲の良いグループに分かれて世間話をしだすという、幼稚園ならどこにでもある風景であった。

同50分頃、春奈ちゃんの母親が、娘の姿が見えないことに気づく。ほかの母親達も園内を捜しはじめ「春ちゃんを見なかった?」と周りに声を掛ける。

自転車の後側に長男、前側に長女を乗せて、自宅に帰ろうとした山田みつ子の所にも、春奈ちゃんの母親は声を掛けている。その時、山田みつ子は首を左右に振り、口元に薄笑いを浮かべていた。その時にバランスを失ったため、前籠に入れていた黒バッグが落ちたため、それを拾い上げて走り去った。

午後1時30分頃、春奈ちゃんの母親は、大塚警察署に春奈ちゃんの行方不明を通報するとともに、会社役員の父親が急遽帰宅。営利誘拐の可能性があるとみて、脅迫電話の待機をすることになる。が、当日・翌日と脅迫電話は鳴らなかった・・・

−世間が驚愕した犯人−
春奈ちゃんが行方不明になってから3日後の11月25日午後3時40分頃、僧呂である夫に付き添われ、山田みつ子は有楽町の丸の内警察署に自首した。丸の内署から連絡を受けた大塚警察署の係官が駆けつけて、みつ子に事情聴取する。そして、みつ子の供述通りに静岡県の実家の裏庭に春奈ちゃんが埋められていたため同日、山田みつ子を殺人容疑で逮捕した。
同じ幼稚園に通う仲の良い友達の母親同士が、加害者と被害者であったことに世間は大きな衝撃を受ける。

山田みつ子は、昭和39年1月21日静岡県大井川町で出生。静岡日赤病院で看護婦として勤務した後、平成5年4月に10歳年上の僧呂と結婚し、東京都文京区のマンションに居住した。

内向的な山田みつ子は、近所に友達もできず孤独な生活を余儀なくされる。が、翌年の平成6年1月に長男が生まれると、近くの公園へ頻繁に行くようになる。その年の夏、春奈ちゃんの母親も、長男を連れて公園で遊ばせていたため二人は知り合う。特に、双方の長男の誕生日が二日違いということもあって親近感を得たようだ。第二子の誕生も殆ど一緒で、一緒に安産の祈祷に出かけたり食事したりと周囲から仲の良い母親同士と見られていた。

−歪−
長男が地元の音羽幼稚園に通うようになると、いつも明るく社交的だった春奈ちゃんの母親は、山田みつ子以外の母親達との交流が活発になる。一方、みつ子は相変わらず友人関係がうまくできない。長男達も、それぞれの趣向が変化していき、次第に交流が無くなっていく。が、みつ子は「自分を無視している」、「冷たい」と思うようになる。平成11年に入ると、みつ子が春奈ちゃんの母親に対する屈折した不満は殺意に変化していく。

春奈ちゃんの母親の行動全てが、自分に対する当てつけと思うようになる一方、周囲から「仲の良い母親同士」という関係の維持に相当無理をしていたようだ。
「春奈ちゃんの母親が居なければ、こんな辛い思いをしないですむ」という思いが、「春奈ちゃんを殺せば、二度と春奈ちゃんの母親と会わないですむ」という思いに変化し、それは日増しに募っていく。

犯行当日、みつ子は長男を迎えるため音羽幼稚園に着くと、園庭の隅で遊んでいる春奈ちゃんを目撃する。回りを見ると誰も居ない。そこで、殺るのは今しかないと咄嗟に春奈ちゃんを抱きかかえて、境内の公衆トイレに入り、春奈ちゃんが巻いていたマフラーで絞殺。その後、いつも持参している黒バックに春奈ちゃんを入れ、なにくわぬ顔で再び幼稚園に戻り、長男と長女を自転車に乗せて自宅に帰ろうとした。

その時、前述の通り春奈ちゃんの母親が「春ちゃんを見なかった?」と、みつ子に問いかけたのだった。その時、バランスを崩して前籠から落とした黒バッグに、愛娘が死体になって入っているなど夢にも思わなかっただろう。

その後、みつ子は夫が勤めている寺に子供を預けて、静岡県の実家に向かう。当日は、母親が居なかったため、納屋からスコップを取り出すことができず、手で裏庭の土を掘り、黒いカバンから春奈ちゃんを出して埋めた。

世間では、この事件を「お受験競争の果ての殺人事件」と評している。確かに、この地域では国立付属の幼稚園から小学校〜高校へという過度な受験競争があったのも事実で、母親同士がライバルという厳しい現実があったようだ。

その後、東京地裁で検事側は「懲役18年」の求刑をしているが、春奈ちゃんの遺族は極刑を希望するコメントをしている。


ホーム

inserted by FC2 system